お湯灌の儀、通夜

これまでの記事はコチラをご覧下さい→☆



【27年9月26日】

快晴!2~3日前までは雨予報だったのに。
りくと、運動会。
長女のときから10年以上に渡って参加している運動会も今年はりくとのみ。
集中してしっかり見てあげられる。
092601.jpg
この笑顔。
抱きしめてチュッチュしたくなる♡
(実際してるけど・・・)


午前中で終了するが、
通夜のため、出場競技終了時点で帰ってくることに。


準備を整えて、
14:30 葬儀会館へ。

15:30 湯灌の儀。
いわゆるカラダを清めて、おくる準備。
映画「おくりびと」のモックンがやってたやつ、と母より説明を受けていたが、おくりびとを観てないから分からず。
丁寧に頭も、お顔も手も足もカラダも洗って頂いた。

そして、新しい着物に着せてもらい、足袋をはかせたりというお手伝いをさせてもらった。

これは、ただキレイにする、という目的だけではなく、
故人が生前からの痛みや悩み、辛さや苦しみも一緒に落として、来世におくってさしあげる、という意味があるそう。



試合に出かけている長男、塾に行っている長女と、
子供たちが揃っていないということと、
神聖な儀式に子供がバタバタしない方がいいという判断で、
子供たちは通夜開始の1時間前に来るよう指示したが、
この経験はなかなかできるものではないし、
やれ「死ね」やれ「うざい」など簡単に言葉にしてしまう現代っ子に
むしろこの儀式に参加させる教育的意義は大きかったな、と後悔するがあとのまつり。


この仕事も尊い仕事だなと感じる。
セラピストの仕事もそうだけど、
関わる人それぞれの人生=ストーリーがあり、
会ったばかりのその人の尊厳をもって関わりケアをする。
みんなに大切な人がいて、思いやってのケア。
素晴らしい仕事だ。

首筋にシワがよるからと、高い枕をさけてきたことを伝えると、
美意識の高い方だったのですね、と
棺桶に入るときには高さを考えて下さった。



終了後、打ち合わせを挟んで通夜。




スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

朝より危篤の知らせ

これまでの記事はコチラをご覧下さい→☆



【27年9月25日】
8:04 血圧が下がってきている。ドクターより今日がヤマかも、と入電。

今日はスクール生の交流会@Pocafe

11:21 今日が峠。呼びかけに応答なし、とメール。

12:31 酸素マスク装着。

13:24 血圧計れず。


りくを幼稚園に迎えにいって病院へ。

呼吸は荒く、苦しそうにしている。
聴覚はしっかりしているので、呼びかけると反応する。
時折、手を上げてくるので、「居るよ」と手を握る。

15:30 実家の家族が揃って様子を見守る。

伯母の好きだったオレンジスィートとサンダルウッドでアロマトリートメント。
トリートメントをすると心拍計が上がってくる。

18:10 このまま見守っていたいが、明日はりくの運動会もあり、後ろ髪ひかれながらも一旦帰宅することに。

20:45 20:33に臨終との知らせ。もう少しだけ居れれば、と悔やまれる。
     次の連絡を待つように言われるが、やっぱり出かける。病院まで40分かかるけど。


着くと、ちょうど看護師が清拭中で、
「拭いてもらってもいいですよ」と言われたのでさせてもらうことに。
新しい浴衣に着せ替えてもらって、うすくお化粧も。


22:20 霊安室へ。
     葬儀やさんがお迎えに来てくれていて、その後移動。
     主治医、看護師2名が見送ってくれた。

23:00 葬儀屋にて明日以降の打ち合わせ。24:10終了。




     

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

病気発覚から5ヶ月

これまでの記事はコチラをご覧下さい→☆



【27年9月8日】
認知症が進んでいると感じる。
反復行動が多い。
会話が成り立たない。

香りを覚えているかな?とティッシュにラベンダーをつけて顔の前でかざすもはねのけられる。
ハンドマッサージしよか、と手を取るも拒否られる。


【27年9月11日】
まさかのお誕生日を迎える。71歳。おめでとう。
いつの間にか70なんだよね。
よく旅行に連れてもらってた時が40代。
私の記憶のある関わりが密だったのが30代~50代。

夏のあいだにおくるのかと覚悟していたけど、良かった。
このまま年末を迎える気がしている。
(いつ何が起きてもおかしくないと言われているけど)


【27年9月12日】
ご飯を食べようとしない。
健康のためにと、完食を心掛けていたのに。
「食べても意味がない」と。



【27年9月18日】
今日はしっかりしていて会話が通じる。
「そんなにしょっちゅう来やんでもええよ。
来なアカンと思うと大変やから。」
「でも退屈やから来てほしいやろ??」
「うん、来てほしいけど、家庭のことが一番やに」と。



【27年9月22日】
お風呂にも入れない入院生活で、角質層がガサガサになってくるので、
そんなときのお肌のケアに使っているものはコレ。
092209.jpg

くるみの殻を細かく砕いたピーリング剤入りの保湿ジェル。
ちなみにナード・ベイシックのバスリラコースで作製可。
感染症予防を気にかけて、ティーツリーウォーターとブレンドオイル。

保湿ジェルで余分な角質層を落としてから、
ウォーターでお肌をも一つ保湿、そしてオイルでコーティング。

簡単でわずかな時間で出来ます♪
ほんのりと香りが残って、心地いい♡



さて、
3日前から発熱中。
一昨日は38.9度。輸血あり。
昨日は35.8度。
今日は37.5度。

少し前から免疫系の数字も悪化してきているし、
体調が不安定。

ずっと薬を飲んでいることも、
「いくつも飲んでて嫌になる」と。
「もう飲まんでもいいわ」とも。

※しっかり食べて薬を飲むことでよくなると信じて怠らなかった。
 医療の限界は伝えていないこともあって、とても前向きに闘っている。
 (これ以上の改善がないことは伝えないように、と家族間で決めたので)


【27年9月24日】
りくを引き取りに行くと、
「今日はずいぶん調子悪そうだった」と母より報告。







テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

病気発覚から4か月

1日、2日 名古屋で研修。

【27年8月3日】
病室が個室に変更。
今朝から食事をほとんど食べないので高カロリー点滴も併行。
『好きなものをたべさせてあげて下さい』『生ものでもいいですよ』と。


4日 午前も午後も授業。
とかく、午後からの生徒さんがとても喜んでお帰りになられた。よかった^^

5日 伊勢にて講演。
6日 長女のオープンキャンパスにつきあい京都へ。寺院巡り。


【27年8月7日】
視力が低下し視野もかなり狭くなっているため、
今週から母と交代で食事介助をすることに。
ごはん、完食。
手や足に力が入らず、立ち上がることも困難。自力での排泄もムリ。
1週間前までは支えてやれば自力歩行できたのに。
QOLの低下は著しい。
手足の冷えが尋常でない。
着せて、手足を手で温めてやると「すごい温かい」と和む。

7月、医療の限界を尽き付けられてから、今日で1か月経った。
悲観的になることなく、治療して帰れると思っている伯母の精神力が素晴らしい。


。。。夏休み中でもあるし、仕事を最小限にしよう。。。


【27年8月9日】
発熱。
時折、悪寒が襲って震えが止まらない。
舌先もしびれて、うまくしゃべれない。 

NARD ハウスケアコースを開講。


【27年8月11日】
発熱が続いている。
ご飯は完食した。7割がたは自力で食べれる。

苦痛なことを訴えればいいのに、
何でこうも医療者に気を遣って言わないのだろうか。
言わない分、こちらに愚痴を言う。

目を開けているより、閉じている方が感覚器が研ぎ澄まされて、
いろいろ感じることが出来、ラクと。

歳をとると人に迷惑をかけて世話になるのが情けない、と。
誰にも甘えず、生涯独身を貫いた伯母にとってこの状況は辛いだろう。
「これも順番だ。今までもおばあちゃんの面倒をこうして看てきたのだから、
今回は世話になればいい、そういう順番が来たのだ」となだめる。


【27年8月14日】
自力で立つこともできなくなり、排泄もオムツでと言われる。
このことについて伯母は、
「あともう少し人間らしい生き方をしたい」と。
ご飯もベッド、排泄もベッドではミソクソない、と言う。正にその通り。
「あの子たち(看護師)に言うと、排泄もオムツで」と言われるから、
内緒でトイレに行きたいと。
そのための介助を求められるが、私一人ではムリ。
気持ちはわかるが難しいな。




お盆のさなかも生徒さんが受講に来てくれる。
仕事があるのは有難いことだ。




キャンセルがあり、仕事にぽっと空き時間が出るたび訪れるが、
これと言ってやってやることもなく、望みの一つも叶えてやれないのが切ない。

目が見えていれば、車椅子に乗せて病院併設のカフェに行って、
気晴らししたりもできるのに。
目が見えないから、それもな・・・。


伯母の介助と子供の受験勉強。
こんなに家庭にハマった夏があったろうか。
小さい頃から保育園に預け、働きづめでゆとりもなく日々が過ぎていった。
ただただ家族に寄り添う夏になったな。
ま、それもよし。



【27年8月27日】
介助なしでは成り立たなくなっていることが理解できてなく、
今まで誰に頼ることもなく生きてきた感覚で何でもできると思っている。
脳腫瘍の増大で、認知症の症状が出てきている。





テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

病気発覚から3か月

【27年7月4日】
6/30~の発熱以来、毎日発熱。
免疫系が上がってこない。
元気もない。

状態良ければ外泊予定だったが、NG。

幼稚園は夏祭り。
幼稚園側の急遽の変更に保護者との軋轢を生み、波乱の幕開け。
今年は役員で大忙しだ(>_<)



【27年7月6日】
今日はNARDアロマトレーナー試験のため、東京へ。
帰ってくるなり、弟から入電。

朝から病院から入電あり。
発熱が続き、免疫機能が弱まっているから、
CTを撮って今後の治療を見直すと。

検査結果は・・・
変えた抗がん剤も効いている様子はなく、
むしろ今までよりどんどんスピードをあげて腫瘍が大きくなっているから、
明日から始める予定だった2回目の抗がん剤を中止して、
免疫機能を上げたりなどの緩和ケアに変更。

4月のときのように、また認知症のような症状が出始めているほど、
大きくなってきていて、いろんな機能が下がっている。
またピントの合わない会話を確認。


あと、1週間2週間、
今日かも明日かもわからないと。

トレーナー試験の衝撃に追い打ちをかけるような悪い報告。



アロマが効くのか半信半疑。というより8割疑い。
ボドゥーセミナーより見つけた!
071702.jpg  071701.jpg
≪抗がん剤治療中の患者の免疫力の強化≫
シナモスマフラグランス
ブラックスプルース
ティートゥリー
3本ともあるや~~ん!!
作って明日渡そう。

やれることは何でもしよ。
香りを発するから遠慮してきたけど、
病室は個室じゃないとか言ってる場合じゃない。
同室の方もみんながん患者。理解を得よう。
お薬もいっぱい使っているけど、アロマの力も信じよ!!



【27年7月7日】
病院へ行くつもりで予定を組んでいたら、病院から入電。
『今日は朝から熱もなく、食欲もあり、元気である。
 この元気が最後になるかもしれないから、
 急遽、外泊許可を出すので、おうちで家族と過ごされてはどうか』と。

またまた予定を変更。
嬉しい変更だ。
今晩、実家に集まるように一斉メール。


伯母の意向を聞いて、夕飯はうなぎに決定。
行きつけのお店にて。



8日午前中は幼稚園で役員会。
4日に開催された夏祭りの反省会&次の行事の打ち合わせとあって長引いたな。
今年はいろんなお役目を頂いたが、こんなことになるなら引き受けなかったのに。
というより幼稚園から保育園に転園させたな!
午後からはNARDの授業。

9日、Pocafeでのアロマ講習。
大盛況でうれし♪ランチも大満足!!
終了後、りくを迎えに行って買い物へ。
調理を済ませて、夜間講習へ。
(この週、唯一お昼を食べたな(笑))

10日、ブラッシュアップ講座。
終了後すぐりくのお迎え。
夕方、英語塾にりくを送り届けて、その間買い物へ。
次女の明日からの合宿の足りないものを揃えに。


【27年7月11日】
朝から次女を合宿に出す。
午前中はNARDの授業&ハーブ化粧水講習。

終了後、すぐ病院へ。
この日も調子よく、奇跡の外泊許可。
「脳に大きく3つあったがんのうち、2つは確認できませんよ」
と言われた時の安堵感と同じ気分。
2回目の奇跡だと思う。
近くのカフェでお茶をして送迎の車を見送り、私は四日市へ。
新ビジネスの相談。帰宅は深夜1時。


12日、9時よりツキイチ経営勉強会。嬉野へ。
戻って、NARDアドバイザーテストの受け入れ。

13日、ハーブ化粧水講習。
14日、朝から幼稚園の草取り。午後からは中学生組の個人懇談。

15日、午前はNARDの授業。午後から老健施設へ慰問、ツキイチのアロマケア。
即、戻ってりくを英語塾に送り、その間買い物。

16日、台風襲来。学校幼稚園休校のため予定変更の嵐。
しかしながら、降って湧いたやっとの休暇。疲れた。今日はカラダを休めよう。


【27年7月17日】
長女の参考書を探しに古本屋を巡り、鈴鹿までお付き合い。
過去問は中古本でいいと、なるべく負担をかけさせないようにとする気持ちがうれし。
高3の夏を迎え、緊張感が伝わってくるな。
あまり刺激せず、見守ろ。
何が足りないのか、本人が一番わかっているだろう。
信じよう。
久々に一緒のランチ。毎日塾で個食だからなあ。

ランチ後、病院へ。
だいぶ力が入らないと、ペットボトルのふたも自力で開けられず、
立ち上がるのも介助が必要。腕を支えていれば普通に歩ける。
ずいぶん視力が落ちてきて、視野もせまく、光も入りにくいよう。
しっかりした受け答えで会話は問題ない。



19日 NARDアドバイザー授業。

20日 久々にホリ協中部のシンポジウムに参加。ブログはコチラ→☆    
帯津先生のお話の中で、
「『明るく前向き』は仮の姿。人間はそもそもそういうものではない」との言葉に妙に安心感を覚える。
統合医療の堀田先生に治療の相談。免疫療法を勧めてもらう。
ざっくばらんに相談に応じて下さって有難いな。


21日 朝イチ、長女の高校の個人懇談。
先生3名、娘、私の噂に聞いていた5者面談。
プロジェクターを使っていろんな資料を見ながらの分析懇談。データ力は素晴らしいな。
このような充実した環境の中で学ばせられて満足。

終了後、次女の最後の試合の応援へ。
2試合とも勝てて良かった。
朝からりくもよく付き合った。おりこうさん、えらいえらい。


22日 今日も朝から次女の試合の応援へ。
ミニバスから6年。初めての優勝!2試合とも得点王、おめでとう!!
よく活躍している試合を見ているのは、誇らしい♡ ブログはコチラ→☆
お友達の親御さんから「はるのおかげで県大に連れてってもらえて」と言われるのは率直に嬉しいものだ。

夜は中学の学年懇談会へ。


23日 午前はNARDの授業。終了後即宮川へ移動、老健アロマ。
戻って調理を済ませ即、夜は津市子育て支援会議。
今日は見事なタイムスケジュールだ(>_<)

24日 朝イチ打ち合わせ、その後車のオイル交換を済ませ、幼稚園で懇談。
午後からはNARDの授業。

25日 NARD入校説明会&ハーブ化粧水講習
26日 名古屋へ研修。戻って即りくを英語塾のお泊り会へ。
27日 夕方から講演。
29日 次女、県大出場で名張へ応援。一勝したが、その後敗退。
    急遽、予約変更に応じて下さった生徒さんには感謝しかない。ありがとう。


【27年7月30日】
身体の機能がずいぶん下がって、足腰がかなり弱っている。
目が離せない、ということで部屋変更。
健康オタクで栄養素や食事、運動法などいろいろ知っている伯母なので、
同じ部屋の方からは「何でも知ってて先生だったのに、別の部屋になるのは残念」と声をかけられる。

足腰の弱りふらつきは、小脳部位のガンが大きくなっているせいとみられる。 

   

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

病気発覚から2か月・・・

【27年6月3日】
抗がん剤治療も3クール目。
一般論でもそうだけど、やはり副作用が酷い。
吐き気、高熱、度重なる採血、
カテーテルからの菌の侵入、
他臓器への影響、抗生剤の使用

薬の副作用を薬で制するという、薬物漬けの日々。
伯母も治療の継続を考え直す、と。


こういうのってどうなんだろう??!って思う。
自然療法を学び深めてきたけど、これでいいのか答えが出ない。
でも、進行の著しく早いこの病気で、
抗がん剤を使わなかったら、この回復はなかったと思う。

今後を見守るしかないのかな。。。



【27年6月6日】
2回目の外泊許可。
頭がクリアになった今、決めなきゃいけないことはいっぱい。
車の処分は完了。
家の処分をどうするか、
お墓参りに片付けにやることはいっぱい。


右目の視力が急激に落ちているので、眼科を受診。
腫瘍が視神経に触れて固くなっていることが発覚。
眼科的治療ができない、とのこと。

抗がん剤の治療は1週間24時間絶え間なく続くのが辛いと。


【27年6月12日】
名古屋での講習の帰りにお見舞い。
行くとすぐに起き上がり、ふらつきもなく、まあ元気そう。
ちょうど前日に治療が終わり、点滴もなしで過ごせている。
りくが喘息の症状が始まって、と話すと1階のコンビニでお菓子を買って帰してくれた。
病気になり入院してみなに世話になっているのも気が滅入るだろうから、
ここはひとつ甘えることに。
「まだ、やってあげることがある」という思いが、ポジティブな気持ちになるといいな♪

4回目の抗がん剤は副作用対策もしながらだったので、
吐き気も高熱もなく、それほど苦痛なこともなかったよう。

17日18日にCTとMRIの検査。
19日病状説明を聞きに行く。
家族に任せておくと、私の知りたい情報が聴けないので自分が行くのが一番。




【27年6月19日】
もともと病状説明を聞きに行く予定をしていたが、
朝から病院から入電。
「伯母に話す前に、話たい」とのこと。

4回の抗がん剤治療で、クリアになったものもあるけど、
一番の原発部位は残っており、
むしろ今までより早いスピードで大きくなってきている、との説明。

7クールの予定だったが、
違う抗がん剤に替えて2回試みたいと。
2回終了地点で、経過よければ一旦退院できると。
(これ以上できる治療はないから)
7月の連休前を予定。


もともと脳は人間の体の中で最も守られているところだから、
効果の臨める薬も少なく、また患部に届きにくいらしい。
この治療で効果がなければ、
治療としての術はないので、緩和病棟を紹介されることに。

確かに、脳神経科学の分野は研究も遅れているし、
それだけになかなか新薬も開発されない。

とりあえず今は、免疫系の数値もいいことから、
3回目の外泊許可。



ドクターの口ぶりから、
9月のお誕生日まで生きられるかな??




≪家族会議≫
7月に退院して、自立歩行可能で頭もしっかりしている間に、
最後の家族旅行を決行しようと提案。
場所はもちろん、伯母の好きな京都。
車で1時間で行けるし。

「みんなでウナギが食べたい!」って言ってたから、
それも行こう。
食べたいものを食べさせてあげよう!!



【27年6月23日】
別の抗がん剤での治療がスタート。
前と違って数時間で終了できるから、負担ではないと。




【27年6月30日】
発熱。
免疫数値が下がっている。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

病気発覚から1か月が過ぎ・・・

※病名
び漫性大細胞B細胞性リンパ腫(DLBCL)
中枢原発性悪性リンパ腫(PCNSL)

4月20日より抗がん剤治療が開始。
R-MPV療法(それぞれ薬の頭文字をとって)
R→リツキマシブ(リツキサン)
M→メトトレキサート
P→プロカルバジン
V→ビンクリスチン

8日間の治療に6日間の休止の、
14日間1クールの治療で最大7クールまで。
新しい治療で、薬さえあえば改善がみられるとの主治医のはなし。



【27年5月5日】
1クール目の抗がん剤治療がうまくいって、会話が自然に。
先月気になった足の浮腫みもとれて、明らかによくなっている。
1階のカフェでお茶できるほどに。
車椅子は使わなくても、歩行可能。歩みも早くなっている。
足腰が弱らないよう、リハビリもしているとのこと。


2クール目の抗がん剤治療は連休明けの5/11から。


【27年5月14日】
MRI検査。すこぶる良好。
がんも1/10ぐらいの大きさになっている。
が、ピンポイントで放射線治療ができないことと、認知症になることを避けるため、
このまま抗がん剤治療を様子を見ながらマックスまで受けることに。

2クール目で吐き気や短時間の発熱、
肝臓の高数値対応、白血球減少による抗生剤の点滴など。



【27年5月21日】
久々の面会。
ずいぶんリンパ腫が小さくなったので、病気が見つかる前の伯母に戻って、
何ら問題なく話ができる。
4月当初はこんなだったよ、というと「笑っちゃうね!」と。

抗がん剤のせいで、ずいぶん髪が抜け落ちたと。
吐き気は薬で抑えられているから、それほど苦痛なないよう。
下痢の方が苦痛が大きい。下剤も減らしていると。


【27年5月22日】
母より入電。1日だけ外泊許可が出て、午後から実家に帰ってきたと。
りくと一緒に訪ねる。
(この日たまたま車中にて、りくが、
「おばちゃん、お熱下がったかな、一人で歩けるようになったかな、点滴なくなったかな」
と言い出し、りくは自分が入院していた感覚を思い出し、すこぶる元気になって退院できると思っていることを、
伝えた。)

夜、(子供たちが会いたいというので)再び次女、長男、りくを連れて訪ねる。
次女が修学旅行で買ってきたお土産も届けに。




正直、一喜一憂。
またヒザに水が溜まるようになって、思うように動けず、
鈴鹿までの運転がしんどいので、今月はあまり面会にも行けなかった。

先月、このまま何もしなかったら予後1~2か月だろうな、と見ていただけに、
こんなに頭もクリアによくなる想定もなかったので、嬉しい。

が、いろいろと考えることの多いひと月で、
頭がいっぱいというか、楽しいこともココロより楽しめない。

病気発覚以来、
さすがのキャパの広い私だけど、思考が停止すること多々。
今後の動向を見守るしかないな。


5/30~31
NARDの農場研修ツアーに参加したが、
伯母の病気だけではなく、
次女の遠征と重なってしまって、
いろいろと心配事を抱えての出発となり、
正直、心からは楽しめない。

これも経験。
いろいろと背負って乗り越えて行こう!


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

病気見つかる

4月、脳腫瘍悪性リンパ腫と診断された伯母の闘病日記です。
テレビで見るような、こんな日が突然やってきました。

伯母は独身。
働く両親にかわって、幼いときから旅行に連れてもらったり、
伯母に子供がいないからこそ、恩恵を受けたのは我が子も同じでした。
私たち兄弟にとっては第二の親。
よそのうちで言うところの親戚のオバチャンというのではなく、
感覚的には家族。
盆・正月、家族の行事にはいつも一緒でしたから・・・。


【27年4月5日】
今年新たに始めるビジネスのための勉強会で、名古屋に向かう電車において母からのメール。
伯母のお隣に住む親友Tさんより、「最近、様子がおかしい」と2日に電話があり、
3日、S病院へ認知症疑いで診察を受ける。CT検査。
認知症ではなく、脳に腫瘍があるためM病院を紹介され、
6日に受診予定、とのこと。


【27年4月6日】
病院受診、MRI検査を受ける。
結果は9日。診察予約。
実家で預かっているため、仕事帰りに寄り様子をみるが、
足腰がずいぶん弱っているものの、話はフツーにできた。


【27年4月9日】
M病院受診。悪性リンパ腫の疑いが濃厚と判明。
医師より、緊急性を伴うので7日に何度も連絡したが通じず、
少しでもタイムラグを防ぐため、
S病院の脳神経外科と血液内科のドクターと相談・段取りをつけ、
いつでも転院できるように根回し済みとの話。


その日のうちに受診するよう勧められ、そのままS病院へ移動。
採血、検尿、心エコー、頭部レントゲン、1時間ほど検査を受ける。
診察。
細胞を取り出して、悪性か否かを調べてから、
おそらく、放射線と化学療法になるとの説明。


【27年4月10日】
入院。
夕方、看護師より入電。
廊下をフラフラと歩き、親友のTさんを探して他の部屋に入ろうとしたため、
センサーマットを敷くことになった、とのこと。

※進行が早く、日に日に症状が悪くなる。
昨日はたまに意識が飛んだりするものの、
会話に支障はなく、ゆっくりではあるが話せた。
トンチンカンな動きや話はなかった。
(毎日みている母は、繋がらない話もあると)



【27年4月12日】
子供たちを連れてお見舞いに。
実家でしょっちゅう会っているりくのことはすぐにわかるが、
他の子はかなり考える。
全くだれか分からないということはないけど・・・。

「お友達のTさんを捜しに行く」「(亡くなっている)おばあちゃんのおむつを替えてあげないと」
など、過去の記憶がでてきて、時間的感覚や今ある自身の環境がのみこめていない。

排泄など身の回りのことも一人では出来なくなってきている。

「また明後日14日に来るわ」と伝えると、すぐに「今日は12日か」と答える。
ちょっと安心^^

※衰えは早い早い早い。


【27年4月14日】
手術、無事終了。
2時間程度と聞いていたが、1時間長かった。
17日に検査結果より治療法を決定するとの話。

「おばさんわかる?」「うん」
「手術頑張ってね!」「・・・」
もう、頑張りたくないという意志なのか??


【27年4月17日】
悪性リンパ腫との確定診断。
病状説明を聞いて、抗ガン剤治療(R‐MPV療法)を受けることに。
予後は2年以内が10%未満。

昨日からステロイドを投与しているとかで、
随分機嫌もよく、よくしゃべる。よく食べる。
時々ピントの合わない話も出てくるが、状態が良くなっているように感じる。



【27年4月25日】
1週間ぶりの面会。
今週は仕事が忙しかったな。。
尿検査に薬が混じることもなく、よく薬が効いているみたいとのこと。
足首あたりが浮腫ってパンパン。
よく話せたけど、意味の繋がらない話も飛び出す。

今日からアロマケアをしようと思っていたのに、
お部屋が変わっていて、個室ではないので、
看護師に確認をとるが、今日のところは中止。
今後を考えよ。。。



『がんは急にやってくる』と言うけれど、
ほんとに健康に気遣い食べるものや運動をしていてもなる人はなる。

4月はあっと言う間に過ぎた。
準備してきた事業計画も中止。様子見で実行しよう。
新設する講座も延期。
これからも生徒さんたちにも迷惑かけるなあ。
何故、午前中のみの活動に縮小しなくちゃ、カラダがもたないわ(>_<)
うまく時間を使わないと!!!



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

りせびーぶる

Author:りせびーぶる
三重県津市のアロマスクール&ホリスティックケアです♪
お気軽にお問い合わせ下さい!
kaorikoubou_p@yahoo.co.jp

090-1861-6534(安田由佳)

※お電話に出れないことが多いですので、留守番電話にメッセージを残してください。折り返しご連絡致します!


津市
(詳しい場所はご予約の際にお伝えします)


Yuka Yasuda

バナーを作成




★一番人気講座★
NARDアドバイザー入校受付中!
短期集中コース
土・日コース
フリータイムコース
夜間タイムコース☆NEW☆
(入学説明会随時開催)



※ご希望の方にはスクール案内お送りしています






<スクールメニュー>
●アロマクラフト講座
月替わりのテーマで、季節にあったクラフトを作ります。生活にアロマを取り入れてみましょう♪


●家庭で役立つアロマテラピー講座(全8回)
病気の予防・改善に、セルフケアに、家庭でアロマを活用しましょう♪20種類の精油を学びます!
(随時入講可)


●NARDアドバイザー資格取得講座
本格的にアロマを学びたい方にオススメです!40種類の精油の知識を深め、使いこなせるようになります♪
(随時入校可)


●NARD認定ベイシック講座
フェイシャルスキンケアコース
ボディーケアコース
ハウスケアコース
バスリラックスコース
ヘルスケアコース


●タッチング講座
☆ハンドマッサージ講座
 ・1dayコース

☆着衣でできるタッチケア
☆アロマボディートリートメント実技講座
☆フェイシャルトリートメント実技講座
 


<サロンメニュー>
アロマボディートリートメント
アロマフェイシャルトリートメント
英国式リフレクソロジー
60分 ¥3500~


※出張講座・出張施術も承ります♪

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ご予約・お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯はこちらから
QR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる