浮腫みの足のケア@老健施設

レポが前後しますが、
先日、老健みやがわさんを訪ねまして、施設利用者さんのためのフットケアを実施しました。


17103101.jpg


可愛らしく空間を飾って、リラックスミュージックに心地よい香りをディヒューズして、
利用者さんに快適に暮らしてもらおうと、その企業努力が素晴らしい施設です。


17103103.jpg
ロケーションもばっちり♪


17103102.jpg
皆さん並んでもらって、ローテーションあります。



一番ひどい浮腫みの方は私が担当させてもらいました。
17103104.jpg
採光の加減で見にくくなったけど、ずいぶんよくなりました。


津から伺うと遠いですけどね、
一緒にやってみたいという方は、仰って下さいませ。




お問い合わせ・ご予約は090-1861-6534(安田まで)か、
ワンクリックで お問い合わせ→☆
りせびーぶるHPはコチラから
がん患者会RubanRose三重ブログはコチラから






以下の講座も募集しています。クリックして確認してください。

12/2ハーバルセラピスト講座土日講座開講


ナードアドバイザー11月12月受講生募集!


天然香水つくりオリエンタル香@アロマジョブレンダー講座


日本産精油yuicaアドバイザー講座随時開講
インタープリター12月開講



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

tag : #浮腫みのケア#フットマッサージ#老健施設

12/2ハーバルセラピスト土日講座開講スタート♪

昨日はイギリスからリエコバークレーさんをお招きして開催した、
ハーブ・アロマ講座のホットな情報をお届けしましたが→☆

17071105.jpg


基礎からじっくり学んでみたい、という方にオススメの、
JAMHA認定ハーバルセラピスト講座を12/2より土日で開講します。


リエコさんのお話にもあったように、
患者さんの不快症状にはアロマよりもハーブをチョイスするほうが圧倒的多数とのこと。

西洋医学の見立てや処方箋なども参考にして、いくつかの治療法を選択していきます。



アメリカの統合医療の現場でも、
漢方に代わって、ハーブ療法は核だった
と名大病院のヘルスケア外来でご一緒しているドクターもおっしゃってました。



以下、ハーブ講座を2つご用意しております。


◆ハーバルセラピスト講座では、
メディカルハーブだけでなく、アロマテラピーの内容も学べます。
栄養学に繋がる知識も得られるので、健康管理にも役立ちます。
※12/2よりスタート

レッスン内容

第1回 メディカルハーブの歴史と今後の展望
第2回 メディカルハーブの基礎知識 1
第3回 メディカルハーブの基礎知識 2 
第4回 アロマセラピーの基礎知識 
第5回 メディカルハーブと精油の安全性
第6回 メディカルハーブ製剤 1
第7回 メディカルハーブ製剤 2 
第8回 代謝を助けるメディカルハーブ
第9回 ライフスタイルの改善とQOLの向上
第10回 生活習慣病の予防に役立つメディカルハーブ
第11回 外敵から身を身体を守るメディカルハーブ
第12回 ストレス対策と心身症の予防に役立つメディカルハーブ
第13回 女性のためのメディカルハーブ
第14回 若さを保つメディカルハーブ
第15回 五感の刺激とメディカルハーブ
第16回 キッチンファーマシー
第17回 ハーバルライフのデザイン
第18回 自然治癒力を高めるライフスタイル


【受講料】¥150,000(税抜き)
【テキスト代】 ¥5,000(税抜き・実習費込み)


1日2コマ(4時間)
基本時間帯10時~14:30(休憩30分)


~オプショナル講座 ハーブクラフトつくり~ ⇒受講は自由です。強制ではありません。
授業後、学んだ内容をより実用的なものにするために、ハーブクラフトつくりをします。
一例
(ハーブソルト、ハーブオイル、ハーブビネガー、酵素ジュース、入浴剤 など)


ハーバルセラピスト受講生 ¥2,000×8回(税抜き)
一般受講生 ¥4,000×8回(税抜き)


17071201.jpg

17071103.jpg




◆メディカルハーブ検定対応講座(全4回)では、
検定を目指すことは強要せず、気軽にハーブを学びたい方にオススメの講座です。
毎回3~4種のハーブティーを試飲しながら、ハーブのプロフィールをしっかり学んでいきます。
生活の中でハーブを生かせるようになります。
クラフトつくりもしますので、おうちでお楽しみください。
※随時開講できます。





お問い合わせ・ご予約は090-1861-6534(安田まで)か、
ワンクリックで お問い合わせ→☆
りせびーぶるHPはコチラから
がん患者会RubanRose三重ブログはコチラから






以下の講座も募集しています。クリックして確認してください。


ナードアドバイザー11月12月受講生募集!


天然香水つくりオリエンタル香@アロマジョブレンダー講座


日本産精油yuicaアドバイザー講座随時開講
インタープリター12月開講



関連記事

テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

tag : #メディカルハーブ#JAMHA#ハーバルセラピスト

英国ハーバリストリエコさんハーブ講座開催しました!

こんばんは!

昨日はイギリスよりリエコバークレーさんをお招きしてのハーブ・アロマ講座を開催しました。
春に初めてお会いして、その後メールでのお打合せを重ねてきました。


入れ替わりがありながらも、13名の方にお集り頂きました。
ざっくばらんに質問して頂きながらの講習としては、むしろちょうどいい人数だったと思います。


神戸や大阪、愛知県と、津からの参加者さんよりも遠方からの参加が多いのはいつものことなのですが、
アロマセラピストのみならず、医師や薬学博士、看護師の参加もあり、
補完代替医療の関心の高さを感じました。



リエコ


台風のさなかの日本入りだったリエコさん。
ちょうど中日となる津会場講演でしたが、お疲れの様子もなく、お元気な方です。


前日、私はハーブの授業を午前・午後としながら、
リエコさんから送られてきたレジュメの印刷をしていましたが、
実に15ページに及ぶ情報をご用意くださって、それだけで私は感動でした♡


これほどの準備をすべての会場において行われているので、見習わないとと感じた次第。
そんなことからも頑張るエネルギーを頂いたのでした。


リエコ6



イギリスとフランス、日本では法律も違うので規制も変わり、
取り扱えるハーブにも違いが出てきます。



初めてお会いした時に、日本で伝えられている一般的な情報と現実があまりに違っていたことが、
この情報を独り占めではもったいなく、たくさんの方にシェアしたほうがいいな、と思ったのが、
今回の誘致の一番の理由でした。


これまた感動を覚えるほどに、惜しみなく情報提供してくださいました。

最初にイギリスのイメージは?フランスのイメージは??
と私たちが描いている、ハーブやアロマ事情を聴かれてスタートした講習。


法律や抱えるお国事情の違いからも必然的に取り巻く環境も変わってきて、
書籍では学べない、実に生の声をたくさん聴かせて頂きました。


リエコ2
オーガニックハーブ♪


リエコ5
左はサイプレスのチンキ剤。
チンキは作るのではなく、買うもの!と強調されてました。
ここも法律が絡みます。


リエコ4



今回、アンケートを取りませんでしたが、
参加者さんから送られてくるメッセージが実に興奮冷めやらずといった、
熱い熱い感謝のメッセージで、
皆さん、これから何を突き詰めていけばいいのか、新たな目標設定がハッキリして、
自分の目指そうとするものが明らかになった講習となったようでした。

私も嬉しい。


国の法律の違いや情勢の違いによって、
日本で可能なこととそうでないことが発生しますが、
私も頑張っていこうと思います。


残念ながら参加できなかった生徒さんもみえますので、シェア会開催もいいですね!




リエコ1
何名か帰られてから全体写真を撮りました。


リエコ3
どんな相談にものってくれ、いろんな情報を下さる頼れる女性♪
そんなところも自身ともリンクしますし、とても気が合います♡♡



リエコさん、ご参加の皆さま、お疲れ様でした。
ありがとうございました!!!





関連記事

テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

自己肯定感を高められるピアノレッスン

当校ではピアノのレッスン生がみえますが、
(受け入れは要相談)
ピアノが弾けるようになるとは、結構大変な道。



面倒な譜読みから始まり、何度も練習して、ひとつの曲を仕上げていく、
そして、一曲一曲弾けるようになると、
自分でもできる!!という満足感と、頑張ってやりきったという充足感に満たされます。


こういったことの反復が自己肯定感に繋がっていくのだと思います。

17102401.jpg


アロマカウンセリングをしていると、大人の方でも自己肯定感のない方がたくさんおられます。



私自身は、基本的に『自分にはムリ』とか『自分ではできない』と感じたことは今まであまりなく、
むしろ、人のやっていることなら自分にでもできる、とさえ感じてきたものですから、
なぜ、ムリムリとすぐに諦めてしまうのか、その感覚がわからないんですよね。

ここにプラスα、常に根拠のない自信があると言いますか。


こういう自分が形成されたのは、
きっとピアニストを目指して苦しいピアノの練習を続けてきたからなのかなあと思います。


もちろん、この道も険しいものでした。
お金があって才能のある先生についたりなどの、恵まれた環境があったわけではありませんでした。

でも、逆に、お金持ちの子全てに才能が備わっているわけではないだろうと思い、
なにくそ、と奮起できたことは確かです。



譜読みも嫌いでしたが、なんとか曲全体が弾けるようになってくると、
自分なりの解釈をつけて、曲想を思いのまま着色する工程が大好きで、
どんどんその曲が自分のものとなっていく。

そしてその演奏が人から「素晴らしいね」と高く評価されるものですから、
また楽しくなるわけです。



そんなこんなで続いてきたピアノ。
今、尚、譜読みの工程は嫌いだけど、出来上がりの曲を思い描くことで、
乗り越えていくんですよね。



ピアノが弾けるようになる、とはこの連続です。


子供のおけいこのみならず、大人の方もやってみてはいかがでしょうか。


10本の指が違う動きをするという、ピアノの演奏は、
認知症の予防としても評価されています。



大好きなモーツァルト♪
17102402.jpg





関連記事

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

tag : #ピアノ#KANON#ピアノレッスン#自己肯定感

医療でのアロマセラピーの役割②

昨日は、医療チームを組む目的を記しました。 こちら→☆
医療資源の不足や、医療費の削減を考えると、とても有効な手段と思うのです。


チーム医療で診ている患者さんでも、アロマテラピーが第一選択になるケースはあまりないのですが、
しかしながら、全ての患者さんに適応になるケアであることは間違いありません。


多くの患者さんの症状は、器質的疾患(検査で異常値が出て、明らかな病巣があること)があるのではなく、
認知の問題であることが多いのです。



『心身相関』こころと体は繋がっているのです。



誰しも持っている負の感情や、過去の辛かった出来事や許せない感情などに執着があると、
次第にその感情が体をむしばんでいきます。
痛みや不快症状として体に現れてくるのです。


そういった感情などの心理社会的背景をお聞きして、
辛かった思いをしっかり受け止めて差し上げて、
そして、今ある、体の症状に向き合いながら、
その症状を抱えながらどうなっていきたいのか、目標設定を行います。



患者の抱える多くの症状は自律神経が乱れることによって現れる症状なので、
好きな香りでの芳香浴を提案したり、その人にあったブレンドオイルでセルフケアすることで、
症状の改善につながるように見守ります。



これは実際、医療現場だけでなく、私自身のサロンでも行っていることですので、
アロマテラピーは常に人に寄り添うツールとして、有効と考えます。


これが、昨日も記した、地域の治療家に分散することになりますし、
医療現場でなくとも、地域で人の心に寄り添うアロマテラピーの専門家として、
地域に根付けばいいことですよね。




私が「これがアロマセラピー効果!!」と気づきを得た一つの事例に、精神科病棟でのアロマケアがあります。
国立病院の精神科からの要請で、1年間アロマセラピーを取り入れた医療研究を行いました。

隔週でアロマセラピーの会として、芳香浴や足浴、ハンドマッサージを実施しました。
参加はあくまで患者の任意。
最初は参加していなかった患者も、一度参加してみるとその後ずっと参加されるケースも多かったです。


私、アロマセラピストとの相性があって、とてもいい関係を築けた患者もいました。


私が病院に出向くのは、月2回。
病棟で精油を購入してくれていたこともあって、私が不在のときには、
ナースステーションに精油を置いてもらっていました。


すると、何度かアロマの会に参加された患者さんが、
自身がイライラするときに、アロマの香りを香ると落ち着く、ことに気づかれた方がおられ、
ナースステーションに香りを取りにくるようになった、との報告を受けました。



精神科と言えば、ポリファーマシー(多剤処方)の世界。
イライラしたときに薬を求めるのではなく、香りで鎮静することができれば、
薬の副作用を考えたときに、からだにどれほどに有効でしょうか。



アロマセラピー効果ここにあり!と感じた一例です。



チーム医療の中でも、減薬の助けにハーブ療法を提案することも多いです。
日本ではなかなかハーブ療法の認知もない故、ハーブを使われる方も少ないですが、
直接消化器系に入ることもあって、即効性が臨め、アロマよりも安心に使えることも多いのです。

(ちなみに、10/28 ハーブ療法が治療として評価されているイギリスで、ハーバリストとして活躍されている
 リエコ・バークレーさんを津市にお招きして講習会を開催します。 こちら→☆




自律神経の調整であったり、減薬の助けであったり、
人に寄り添う支えになったりと、
アロマセラピーの可能性をもっともっと知ってほしいと思うのです。





追伸、プロフ撮影しました。
yuka.jpg






お問い合わせ・ご予約は090-1861-6534(安田まで)か、
ワンクリックで お問い合わせ→☆
りせびーぶるHPはコチラから
がん患者会RubanRose三重ブログはコチラから






以下の講座も募集しています。クリックして確認してください。


ナードアドバイザー10月受講生募集!


天然香水つくりシトラス・グリーン系@アロマジョブレンダー講座


日本産精油yuicaアドバイザー講座随時開講
インタープリター10月開講



メディカルハーブ検定対応講座随時開講
ハーバルセラピスト11月受講生募集中



10/28英国ハーバリストのリエコバークレーさんのアロマ・ハーブ講座@三重県津市




関連記事

テーマ : アロマテラピー
ジャンル : 心と身体

tag : #名大病院#統合ヘルスケア#アロマセラピー

プロフィール

KANON

Author:KANON
三重県津市の津駅前東口にある
アロマとハーブの専門店KANONです。
お気軽にお問い合わせ下さい!
kanon.aromaherb@gmail.com

090-1861-6534(安田由佳)

※お電話に出れないことが多いですので、留守番電話にメッセージを残してください。折り返しご連絡致します!


津市栄町3丁目258-6
イーストサイドビル2階



Yuka Yasuda

バナーを作成




★一番人気講座★
NARDアドバイザー入校受付中!
短期集中コース
土・日コース
フリータイムコース
夜間タイムコース☆NEW☆
(入学説明会随時開催)




<スクールメニュー>

●家庭で役立つアロマテラピー講座(全8回)
病気の予防・改善に、セルフケアに、家庭でアロマを活用しましょう♪20種類の精油を学びます!
(随時入講可)


●NARDアドバイザー資格取得講座
本格的にアロマを学びたい方にオススメです!40種類の精油の知識を深め、使いこなせるようになります♪
(随時入校可)


●NARD認定ベイシック講座
フェイシャルスキンケアコース
ボディーケアコース
ハウスケアコース
バスリラックスコース
ヘルスケアコース


●タッチング講座
☆ハンドマッサージ講座

☆アロマボディートリートメント実技講座

☆フェイシャルトリートメント実技講座
 


<サロンメニュー>
和アロマボディートリートメント
炭酸アロマフェイシャルトリートメント

痩せたい人、浮腫み、冷えを解消したい人の
温熱リンパケア←大人気!


※出張講座・出張施術も承ります♪

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ご予約・お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯はこちらから
QR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる